メルラインであごニキビが消えない場合の原因と対策

メルラインであごニキビが消えない場合の原因と対策

メルラインを使ったけれども、あごニキビが消えないという口コミを見かけました。

 

私も実はあごニキビに悩まされているひとりなんですが、気になったので、
メルラインを使ってもあごニキビが消えない場合の原因と対策を調べてみました!

 

 

原因1 メルラインの塗りすぎ

 

メルラインは、ひとつですべての化粧品効果が得られるオールインワンゲルですが、
普段段階的にケアしていた人には、メルラインひとつでは物足りなく感じたり、
あごニキビを早く治そうと大量につけてしまう方がいるようです。

 

どんなに良い効果がメルラインにあっても、つけすぎてはトラブルの原因になります。
朝晩の洗顔後すぐに専用のベラで約2杯分、優しく塗るように心がけましょう。

 

 

原因2 油性肌の方

 

メルラインを使ってもあごニキビが消えないという方の中に、
使用後てかりがひどい、あごがベタベタするというような意見がありました。

 

良く内容を見てみると、その方はひどい油性肌のようです。

 

メルラインは、保湿によってあごニキビを改善する商品で、
油性肌の方にも問題なく使えるのですが、
ひどい油性肌の方だと油分が出てしまう場合があるようですね。

 

油性肌でメルラインを上手に利用されている方の意見によると、
油分をしっかり落とすタイプのクレンジングと併用し、
メルラインを塗る量を少し控えめにすると良いようです。

 

 

原因3 頬杖をつく癖がある

 

あごニキビが改善しない原因に多いのが、頬杖をつく癖がある方です。
これはメルラインに限らず、あごニキビが改善しない最大の理由になります。

 

手には、常に細菌がたくさんついていますから、
洗顔後、メルラインを塗った後には触らないように心がけましょう。

 

 

原因4 他の化粧品との併用

 

メルラインは、オールインワンタイプのゲルですが、
あごニキビを早く治したいあまりに、他の化粧品と併用している方がいるようです。

 

他の化粧品と併用してしまうと、成分が重複したり、化学反応を起こし、
早く治るどころか、あごニキビ悪化の原因になってしまいます。

 

メルラインはひとつで十分な効果を発揮するオールインワンゲルですから、
他の化粧品との併用は避けるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

メルラインを使っても、あごニキビが改善しない人の原因としては、
他の化粧品との併用、ゲルの塗りすぎや頬杖をつく癖など、
正しい利用方法を守ることで、対策出来るものが多いことがわかりました。

 

また、油性肌がひどい人でも、洗顔料や塗る量を工夫することにより、
メルラインの効果を引き出すことができるようです。

 

メルラインであごニキビが改善しないという方は、
ぜひ上記情報を参考にしてみてくださいね。